大阪の通信制高校で実感した効率性のメリット

自分の希望に合わせて学校を選ぶこと

就職する際の面接で重要視される点について言及すれば、面接官は履歴書に記載された最終学歴である大学の名前に着目すると想像しています。
最終学歴である大学が高い偏差値の大学であれば、その前の高校がどこであったのかという点はそれほど気にしないでしょう。
通信制で高校卒業の資格を取得していても、その後で立派な大学を卒業してるのであれば優良企業に就職できる可能性は高くなります。
通信制で勉強を進めることは長い人生の通過点であると捉えられますので、通信制を利用している人には自分を卑下しないでもらいたいです。
通信制で実感できる効率性のメリットをフルに活用し、アルバイトや趣味などにも取り組みながら有意義に過ごしてもらいたいと感じています。
サポート体制については、公立よりも私立の通信制高校のほうが整っている場合もあるため、通信制に誇りを持って勉学に励んでもらいたいです。
全日制や定時制では、学校に足を運びカリキュラム通りに勉強を行うことで高校を卒業することが可能となります。
通信制は基本的に自学自習であるため、自分自身で勉強を進める必要があるデメリットがあることは確かです。
このデメリットも考えようによっては、自主性を養うことにつながります。
卒業後は必ずこの大学に合格したいという強い気持ちがあれば、自宅学習にも積極的に取り組むことができると感じています。
自分の希望や勉強の進めやすさに合わせて学校を選ぶことが、本当の意味で効率の重視につながると考えています。

小学校や中学校にほとんど通うことのなかった方にとって 通信制高校 eラーニング 大阪 京都 京都 https://t.co/UaQNW5Zki6 pic.twitter.com/hbco7TAVvU

— miyama-system001 (@MSystem001) 2018年3月5日

自分のペースで勉強できるというメリット全日制よりもかなり安い費用で勉強に集中出来る自分の希望に合わせて学校を選ぶこと

通信制高校 大阪通信制高校 クラーク高校